A無添加・無防腐剤!?

 ラムスエンジne(エヌ・イー)美容化粧水は、通常の化粧水が精製水で作られているのに対し、水素イオン水をベースに天然由来の成分のみを配合した美容化粧水です。

無添加とは:

 無添加とは、本来は原液100%や、成分100%の物質のことということですが、化粧品においては2001年3月まで、厚生省によって定められていた、アレルギー反応を起こす疑いのある成分102種類を「表示指定成分」といい、これらの成分が入っていない化粧品のことを、「無添加化粧品」と呼んでいました。
よって一般的にいう無添加化粧品とは、特に肌に影響があると考えられる旧指定成分の102種類を使っていない化粧品のことです。
ただし、指定成分以外の防腐剤や色素などは使われている可能性があります。
もちろんラムスエンジneには使用しておりません。
また2001年4月以降は、指定成分という取り決めがなくなり、「配合されているすべての成分を化粧品に明記すること」となりました。
よって「無添加化粧品」という枠組みがなくなり、現在そう呼ばれているものは、だいたいが以前からのなごりで「旧指定成分を配合していない化粧品」のことを指します。
もちろんラムスエンジneには旧指定成分は使っておりませんし、天然由来や安全性が高い原料のみを厳選して使用しております。

無防腐剤の化粧品とは:

 無防腐剤とはまさに防腐剤を使用していないと言う意味です。通常、化粧品は常温で2年程度は腐敗せずにいることを義務づけられております。また特に天然由来成分とは、生物や植物からの抽出液ということなので、通常状態では腐敗します。そのため、様々な防腐剤や酸化防止剤を使用するのが一般的です。また一般的な化粧品の70〜90%の成分は精製水です。精製水も常温保存では腐敗してしまいます。このため天然由来成分で無防腐剤かつ無添加の化粧品の製品化は難しいとされてきました。
 しかし防腐剤や酸化防止剤の多くは、石油合成で作られるており、毎日繰り返し使う上に洗い流さない基礎化粧品においては、長年の使用で肌の細胞劣化の原因となるので、なるべく使用は控えたいものです。
 しかしながらラムスエンジは主成分が、常温で長期間腐らず殺菌効果も持つ『奇跡の水』である、水素イオン水であるため、自分自身が優れた防腐効果を持ちます。そのため無防腐剤でありながらも、天然由来や安全性が高い保湿成分のみをバランスよく配合して、高性能な無添加・無防腐剤の美容化粧水とするこができ、認可も受けておりますので、堂々とパッケージに無防腐剤と表示することができるのです。




What's News


Copyright(c) 2007 IRC All Rights Reserved.

  1. 無料アクセス解析