Eピコレベルのクラスター!?

 ラムスエンジne(エヌ・イー)化粧水は、「スリー特許技術」によりナノレベルを超えた超微粒なクラスターでの浸透力を持ちます。その平均的な大きさが「1ナノ」のさらに1/10である「100ピコ」であり、ナノレベルではなくピコレベルに及ぶのです。

「ピコ」とは:

 「ミリ」「センチ」「メートル」などと同じようにモノの大きさを計る単位です。
「1メートル」を基準にし、「1メール」の1/1000が「1ミリメートル」です、
よく耳にする「ナノ」もまたこの単位で「1メートル」の10億分の一が「1ナノメートル」で、
「ピコ」はまた更にその1/1000、すなわち「1メートル」の1兆分の一が「1ピコメートル」ということになります。

水素イオン水のクラスター



AMF(原子間力顕微鏡)による画像 水素イオン水による表面処理

水素イオン水のクラスター(水の大きさ)は、平均100ピコ程度です。これは、ほぼ水の分子と水素イオンにより構成されているためです。
上記の写真は、その水素イオン水を使った、人口骨(ハイドロキシアパタイト)の表面処理画像です。水で処理された人工骨のキメが密になっていて、一つの凹凸の大きさが、1ナノよりも遥かに小さいことがわかります。


ラムスエンジneのピコクラスター

ラムスエンジneのピコクラスターの説明
 人間の肌の表皮には皮脂膜と角質層からなるバリア層が形成されており、健康の肌であれば外部の異物や水を浸入させない構造となっています。そのため、シャワーの水などがしみる事はありません。そのバリア層には、2ナノ程度の隙間が開いていますが、通常の化粧品はもちろんナノレベルの化粧品でも数十ナノ程度の大きさでは、浸透できませんので、化粧品の成分はバリア層の内部には入ることが出来ません。しかし、ナノより小さいピコレベルでのラムスエンジneは真皮層まで効率よく浸透することが出来るのです。
ただし、アトピー性皮膚炎やトラブル肌の方は、バリア層が破壊されていてナノよりも遥かに大きい隙間が空いているので、化粧品の成分や外的刺激物質が簡単に入り込むと考えられています。

 

What's News


Copyright(c) 2007 IRC All Rights Reserved.

  1. 無料アクセス解析