neのベースウォーターについて

 

 ラムスエンジ化粧品のベースウォーターでもある水素イオン水は、発明家細田勇蔵氏が平成6年より長年の研究と開発により特許を取得した製法で造られた水です。
 「水素イオン」を非常に多く含みpH(ペーハー)を安定した状態で年単位で維持できる「次亜塩素酸」を含まない特別な水です。

細田勇蔵氏

細田勇蔵氏

轄ラ田電機代表取締役の側ら、数々の研究と開発を行い環境事業を行っている。平成7年には、通産大臣賞を受賞。

◎取得特許
国内: 42件
海外:ヨーロッパ、中国、韓国、カナダなどで出願及び取得

 この細田氏が開発した水素イオン水とは、水素イオン指数ph2.2という電解水であるにもかかわらず、一切の化学物質を含みません。
 通常pH2.2という電解水を作る場合は、塩素系添加物が使用されるのが一般的です。また、厚生労働省が許可した次亜塩素酸ソーダに希塩酸を混合して生成した電解水などは市場に多く出回り、消毒剤や殺菌剤をはじめその用途は多岐にわたっています。
 しかし次亜塩素酸や希塩酸はその強い毒性がゆえに人体への悪影響が懸念されているのも事実であります。ところがこの水素イオン水は残留塩素を含まず、酸化還元電位(物を錆びさせる力で単位はボルトで表記する)は水道水程度であり、また長期にわたってpH1.9〜2.2を保ちます。
 このような安全かつ安定した水素イオン水は通常では造れない新しい技術なのです。

 

What's News


Copyright(c) 2007 IRC All Rights Reserved.

  1. 無料アクセス解析